人参血統王国

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人参血統王国

キャロットクラブの競走馬達を『サラブレ』で連載中の金満血統王国風に応援、分析する一口馬主ブログ

ジャパンカップ タフな馬場はルージュバックには向かず9着

【後輩】JCで我がキャロット軍団のルージュバックは9着でした。まず今週は馬場読みが難しかった。週半ばに降った雪がどのくらい影響するか、当日の降雨予報がどうなるか分からなくて。

 

【先輩】雪は翌日には消えてたし、雨もレースまではもつかなっと思って良馬場で予想しちゃったんだよね。だから俺の本命はリアルスティールで対抗がルージュバックだった。

 

【後輩】僕も本命はリアルスティールルージュバックもヒモで買っていました。今の東京は芝の内が荒れてきていて外が伸びる馬場でした。土曜日は各馬が直線で内を空けて外に進路を取るもんだから内側がポッカリ開いて、そこを突いて伸びる馬もいましたけど基本は外伸び馬場。

 

【先輩】そんな土曜日に戸崎騎手が6勝。直線は馬場の良い所を狙って通ってて、完全に今の馬場を手の内に入れてたよね。だからJCでも期待してたんだけど、直線は内入れちゃってガッカリしたよ(笑)。てっきりルージュバックを後方に下げて直線は大外に出すと思ってたけど。

 

【後輩】そこは内枠が仇になりましたね。それと良馬場発表でしたけど時計のかかるタフな馬場でしたよね。レース前から雨も降り出しましたし。勝ち時計2:25.8は良馬場で催されたJCとしては遅いタイム。

 

【先輩】キタサンブラックがスローペースで逃げて最後の直線はよーいドンの瞬発力勝負だと思ったらタフな馬場でキレる馬は伸びなかったよね。しかもキタサンの武豊は直線で馬場の良いところまで馬を外に出してさらに伸びるんだからもうお手上げ。

 

【後輩】キタサンやゴールドアクターはJCより有馬向きと言われていたけど、そういう馬に向いたレースでした。2着のサウンズオブアースも昨年の有馬2着でしたし。それにしてもキタサンブラックは強かった。もう有馬はキタサンでしかたなしですかね?

 

【先輩】そうかも。あとはゴールドアクターが巻き返すか。

 

【後輩】ルージュバックはどうなんでしょう?距離はちょっと長いですか?

 

【先輩】距離云々よりもパンパンの良馬場で走らせたい馬だし、体調も秋3戦目で万全じゃなかったんでしょ。来年春に期待しよう。

 

 

 

浦和記念でクリソライトが2着!愛馬の好走で先輩はホクホク顔

【先輩】俺はクリソライトに生かされていると言っても過言ではない。

 

【後輩】どうしたんですか急に(笑)。

 

【先輩】いやクリソライトに出資してなかったら、とっくにキャロットの会員をやめてるだろうなと思って。ホント、毎年コンスタントに稼いでくれて馬主孝行な馬だよ。

 

【後輩】浦和記念は2着でしたね。勝った3歳馬のケイティブレイブには4馬身離されてしまいましたが。斤量が3kg差あったのでその影響もあったのかなと。

 

【先輩】道中は逃げる地方馬がハナ、二番手にケイティでそれを見る様にして三番手にクリソ。これは快勝した二走前の韓国コリアカップと同じ様な展開だったよね。逃げる韓国馬、二番手にクリノスターオー、三番手クリソで。コリアカップでは4コーナーで早々と前2頭をつぶしに行って2着スターオーに大差つけたわけだけど。浦和記念では逆に前のケイティに放されちゃって。

 

【後輩】スタートからケイティより前に行って自分の競馬をした方が良かったんですかね?

 

【先輩】今回はスタートがあまり良なくて、騎手が追ってもなかなか前に行けなかったでしょ。来年で7歳だし、だんだん馬がズブくなってるのかもしれない。それにケイティの騎手は武豊だからクリソライトの良い様にはさせてくれなかったでしょ。

 

【後輩】じゃあ今回の4馬身差は力負けですか?

 

【先輩】まあ3kg差の影響はあったにしてもケイティブレイブは強いよ。前走の白山大賞典でもアムールブリエに勝ってるし。アムール、クリソと2走連続で地方交流G2横綱レベルを負かすのは3歳馬がなかなかできることじゃない。

 

【後輩】ジャパンダートダービーを2着に負けたのが逆に良かったのかもしれませんね。JDDを勝っちゃうと重い斤量を3歳から背負うハメになるから秋からの古馬戦がきつくなっちゃう

 

【先輩】そうそう(笑)。ハタノヴァンクールクリソライト、今年の勝ち馬キョウエイギアらがそれで古馬相手に苦戦している。

 

【後輩】ケイティブレイブは今後この路線でブイブイいわせる存在になるかもしれませんね。キャロの将来有望ダート馬エピカリスの前に立ちはだかるのか。

 

【先輩】エピカリスジャパンダートダービーを勝っちゃったら倒すのに苦戦するかもね(笑)。

 

【後輩】クリソライトはこれで地方交流重賞のG2&G3に限れば【3.4.0.0】で崩れてないんですよね。まだまだやれそうですが今後は来年の川崎記念が目標ですか?

 

【先輩】いや、クリソライトの出資者はもう国内G1挑戦は望んでないよ(笑)。

来年のコリアカップを連覇して引退めでたく韓国で種牡馬入り。これで大団円なんだからもう無理はしなくていいよ(笑)。ピークをコリアカップに持っていくためにしっかり休養してもらおう。その前にダイオライト記念を3連覇してもらって稼いでもらおうかな(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

熱い直線の攻防!ネオリアリズムがマイルCSで3着!

【後輩】マイルCSはどの馬が本命だったんですか?

 

【先輩】ネオリアリズム。まあミッキーアイルを買ってなかったから馬券は外したけどね。

 

【後輩】先輩が自分の出資馬以外のキャロ馬を本命にするなんてめずらしいですね(笑)。

 

【先輩】ムーアだったから(笑)。というのは冗談で。日曜になっても京都の馬場はタフなままだったのでディープではなく少しズレたサンデー系、あとは純粋なマイラーではなく中距離でも走れる馬がいいと思ったからネオリアリズムにした。結果的にはマイペースで逃げたミッキーと2番手ネオの行った行ったで。外の馬場の良いところを通って直線でも不利を受けなかったイスラボニータが2着。

 

【後輩】僕はイスラボニータが本命でミッキーアイルは買ってなかったので直線の攻防は激熱でした。審議後は一気に冷めましたが(笑)。ネオリアリズム札幌記念で後にGIで好走するモーリス、レインボーラインを降していて今年の札幌記念はレベルが高かったんでしょうね。これでマイルのG1でも勝ち負けできると分かったわけですが、今後はどうなんでしょう。半兄リアルインパクト同様マイラーなんでしょうか?

 

【先輩】距離うんぬんよりも、気性的に前に行ったほうがいい馬だからワンターンで直線が長い安田記念マイルCSはどうしても瞬発力のある馬に差されそうだよね。札幌記念みたいにコーナーが4つあるO型のコースがベストなんだろうけど。あとやたら出遅れるからやはりマイルだと不安。

 

【後輩】じゃあ来年は中距離路線ですかね?来春の最大目標は宝塚?

 

【先輩】うーん、2200は微妙に長い気が。。。

 

【後輩】あっそういえば大阪杯がG1になるとかいう話ですよ。

 

【先輩】ではG1大阪杯初代優勝はキャロットがもらいましょう!

 

 

 

 

 

最強世代の重賞馬ドレッドノータスが古馬相手のOP特別で休み明けながらいきなり2着と好走

【後輩】京都競馬場は土曜日に雨が降って土曜が稍重、日曜が良馬場発表でしたけど、かなりタフな馬場状態になってましたよね。

 

【先輩】そうそう。週の前半まではマイルCSはディープのBOXでいいだろうなんて安直な予想だったけど、土曜のメインでメイショウサムソンハービンジャーがワンツーしたもんだから慌てて予想を変えたよ(笑)。

 

【後輩】アンドロメダSですね。2着のハービンジャーは我がキャロット軍団のドレッドノータス皐月賞15着からの休み明けでしたけど古馬相手のOP戦でいきなり好走しましたね。

 

【先輩】京都・タフな馬場・外枠からゆったり追走とハービンジャーの好走条件が揃ったよね。

 

【後輩】ドレッドノータスは今後、重賞でどうですかね?

 

【先輩】重賞でって、すでに2歳時にG3の京都2歳Sを勝ってるけど(笑)。ディアデラノビアの牝系は古馬になって良くなっていくから、これからの馬でしょ。とはいえ、ハービンジャー産駒は条件が揃わないと好走しない難儀な馬が多いから、この馬も色々と注文はつきそう。

 

【後輩】ハービンジャーの代表産駒といえばベルーフ。馬場が荒れだした小倉記念で2年連続で外から差してきて2着。器用さは無いけどタフな馬場を不利なく外から行けばハマるという。

 

【先輩】じゃあドレッドノータスも来年の小倉記念で要注意ってことで。そういえば半兄のディアデルレイも準OPの錦秋Sを快勝。矛先をダート戦に向けてからはとんとん拍子でOP入り。ディアデルレイも5歳になって本格化してきたよね。父がキンカメだからダート寄りに出たのか、芝では詰めの甘いレースが続いてたけどダートで変わった。この馬も今後が楽しみ。